最新記事


スポンサーズドリンク

ドコモ月々サポート一覧 | au 毎月割一覧 | 節約速報 過去ログ一覧

サイト移転しました。

【還元率比較】漢方スタイルクラブカード VS リーダーズカード 


【還元率比較】漢方スタイルクラブカード VS リーダーズカード

暇なので、国内最高峰の還元率を誇る漢方スタイルクラブカードとリーダーズカードを比較してみます。

※2012/09/17修正

結論:
・初年度は漢方スタイルカードがお得。
・2年目移行は年間使用額100万円上185万円未満は、漢方スタイルカードがお得。
※ただしアマゾンをよく使う人に限る。アマゾンをあまり使わない人は漢方スタイルカードがお得。
・ちなみに漢方スタイルカードはANAマイルにも変換できます。(1000円=10.5マイル)

・年186万円以上でアマゾンフリークの人は、リーダーズカードがお得。

1.カードフェイス比較
漢方スタイルカード


リーダーズカード


勝敗:リーダーズカードの方が少しかっこいいかな。
でも真の節約家はカードフェイスなんぞに左右されてはだめです。

次は還元率の比較を行います。


↓この記事が役に立った人はランキングサイトへ。↓

他の節約・貯蓄情報をブログランキング で探す

漢方スタイルカード リーダーズカード 勝敗
還元率 1.75% 1:1.8%(アマゾンデポジット) ボーナスポイントを考慮すると
漢方スタイルカードの勝ち
2:1.5%(通常の買い物)
還元方法 Jデポ(翌月の請求より相殺)
相殺分にもポイントは付与されます。
1:アマゾンデポジットで還元。
アマゾンの引き落としを相殺
引き分け
2:Jデポ。左記同様。
年会費 1575円(初年度無料) 2625円(初年度無料、
次年度50万円以上の使用で無料)
リーダーズカードの勝ち
保険 【海外旅行傷害保険】
後遺障害・死亡保険金 最大2,000万円

【国内旅行傷害保険】
後遺障害・死亡保険金 最大1,000万円
左記同様。 引き分け
ポイント交換先 ANAマイル(移行手数料無料)、Jデポ、
薬日本堂割引券、ユニセフ募金
Jデポ、アマゾンデポジット 漢方スタイルカードの勝ち
入会特典 5万円以上7万円未満の利用
→2,000円プレゼント

7万円以上10万円未満のご利用
→ポ3,000円プレゼント

10万円以上のご利用
→5,000円プレゼント
なし 漢方スタイルカードの勝ち
家族カード なし 420円(初年度無料、
次年度50万円以上の使用で無料)
リーダーズカードの勝ち
その他 58万円/年以上の利用
⇒1250円分のボーナスポイント

100万円/年以上の利用
⇒2500円分ボーナスポイント
なし 漢方スタイルカードの勝ち

還元率比較表(初年度)
グラフが不連続なのは、漢方スタイルカードのボーナスポイントによる。


還元率比較表(次年度以降)
使用額100万円上185万円未満は、漢方スタイルカードがお得。
ただし186万円以上使うとしても、リーダーズカードの還元方法はアマゾン割引であることを忘れてはいけません。

関連記事

スポンサードリンク


M2J(マネースクウェア)に口座を開設&1回取引すると楽天スーパーポイント1.5万円分、もうちょっと頑張ると8万円分ポイント、合計9.5万円分の楽天ポイントが貰える。管理人による解説ページはこちら

リーダースカードは利用額が年50万円未満では年会費2625円がかかるわけですから、漢方と比較してリーダーズが有利になるのは年50~57万の間のみに見えるのですが、どうでしょうか。
[ 2012/03/24 03:17 ] [ 編集 ]
> リーダースカードは利用額が年50万円未満では年会費2625円がかかるわけですから、漢方と比較してリーダーズが有利になるのは年50~57万の間のみに見えるのですが、どうでしょうか。
その通りです。間違い指摘ありがとうございます。記事を修正しました。
[ 2012/03/24 09:37 ] [ 編集 ]
readarsカードはモールを経由してamazonで購入すれば2.1%の還元率になるらしいですよ。
[ 2012/03/25 10:17 ] [ 編集 ]
> readarsカードはモールを経由してamazonで購入すれば2.1%の還元率になるらしいですよ。
情報有難う御座います。KAMPOもモールを経由すれば、そのぶんポイントが上乗せされるのです。
[ 2012/03/25 11:41 ] [ 編集 ]
Jデポの鉄好きは、どちらも郵送での申し込みが必要なのでしょうか?漢方の方は、必須のようですが、リーダーズカードの方はこの点について明確な記載がないようです。ご存知でしたら、教えて下さい。自動で、Jデポに移行できるのなら、利便性の観点からリーダーズもありかなと思います。
[ 2012/03/31 00:07 ] [ 編集 ]
Jデポジットへの交換率では、
58万円/年以上の利用
⇒250ポイントボーナス=1250円相当

100万円/年以上の利用
⇒500ポイントボーナス=2500円相当
では?
[ 2012/05/16 23:53 ] [ 編集 ]
> Jデポジットへの交換率では、
> 58万円/年以上の利用
> ⇒250ポイントボーナス=1250円相当
>
> 100万円/年以上の利用
> ⇒500ポイントボーナス=2500円相当
> では?
そのとおりでした。修正します。
[ 2012/05/19 11:07 ] [ 編集 ]
漢方スタイルの次年度以降の還元率
58万の時:0.0175+(1,250-1,575)/580,000=0.0169=1.69%
100万の時:0.0175+(2,500-1,575)/1,000,000=0.0184=1.84%
ではないですか。
[ 2012/09/15 21:30 ] [ 編集 ]
> 漢方スタイルの次年度以降の還元率
> 58万の時:0.0175+(1,250-1,575)/580,000=0.0169=1.69%
> 100万の時:0.0175+(2,500-1,575)/1,000,000=0.0184=1.84%
> ではないですか。
今再計算中ですが、ボーナスポイントって2重取りできないのでしょうか。
改めて公式ページを読み直すと、「(毎年1月~12月の累計によります)」とあるので、
2重取り出来ない気がしますね。。
[ 2012/09/16 11:54 ] [ 編集 ]
ボーナスポイントの2重取りはできないと思います。
もう少し詳細に計算しますと
【漢方スタイルの次年度以降の還元率】
57万の時:0.0175+(0-1,575)/570,000=0.0147=1.47%
58万の時:0.0175+(1,250-1,575)/580,000=0.0169=1.69%
99万の時:0.0175+(1,250-1,575)/990,000=0.0172=1.72%
100万の時:0.0175+(2,500-1,575)/1,000,000=0.0184=1.84%
185万の時:0.0175+(2,500-1,575)/1,850,000=0.0180=1.80%
ですので、
「年間使用額100万円上185万円未満は、漢方スタイルカードがお得。」
になります。
ちなみに
【漢方スタイルの初年度の還元率】
57万の時:0.0175+(5,000+0)/570,000=0.0263=2.63%
58万の時:0.0175+(5,000+1,250)/580,000=0.0283=2.83%
99万の時:0.0175+(5,000+1,250)/990,000=0.0238=2.38%
100万の時:0.0175+(5,000+2,500)/1,000,000=0.0250=2.50%
185万の時:0.0175+(5,000+2,500)/1,850,000=0.0216=2.16%
その他の情報としては、家族カードがあると年間使用額をクリアしやすいです。
【家族カード】
漢方スタイル:なし
リーダーズ:あり
家族会員年会費(税込)420円(初年度無料、
次年度50万円以上の使用で無料)
勝敗:リーダーズの勝ち
[ 2012/09/16 22:54 ] [ 編集 ]
> ボーナスポイントの2重取りはできないと思います。
> もう少し詳細に計算しますと
> 【漢方スタイルの次年度以降の還元率】
> 57万の時:0.0175+(0-1,575)/570,000=0.0147=1.47%
> 58万の時:0.0175+(1,250-1,575)/580,000=0.0169=1.69%
> 99万の時:0.0175+(1,250-1,575)/990,000=0.0172=1.72%
> 100万の時:0.0175+(2,500-1,575)/1,000,000=0.0184=1.84%
> 185万の時:0.0175+(2,500-1,575)/1,850,000=0.0180=1.80%
> ですので、
> 「年間使用額100万円上185万円未満は、漢方スタイルカードがお得。」
> になります。
> ちなみに
> 【漢方スタイルの初年度の還元率】
> 57万の時:0.0175+(5,000+0)/570,000=0.0263=2.63%
> 58万の時:0.0175+(5,000+1,250)/580,000=0.0283=2.83%
> 99万の時:0.0175+(5,000+1,250)/990,000=0.0238=2.38%
> 100万の時:0.0175+(5,000+2,500)/1,000,000=0.0250=2.50%
> 185万の時:0.0175+(5,000+2,500)/1,850,000=0.0216=2.16%
> その他の情報としては、家族カードがあると年間使用額をクリアしやすいです。
> 【家族カード】
> 漢方スタイル:なし
> リーダーズ:あり
> 家族会員年会費(税込)420円(初年度無料、
> 次年度50万円以上の使用で無料)
> 勝敗:リーダーズの勝ち
おっしゃるとおり、再計算したらそうなりましたね。。ご指摘ありがとうございます。
家族カードもあるのですね。
ただ、リーダーズのアマゾン割引とJACCSの実質現金値引きをどう判断するのか、という問題もありますが。。
[ 2012/09/17 09:42 ] [ 編集 ]
KAMPOですがVISAも増えたし家族カードも作れるようになりましたね。
[ 2013/01/21 14:12 ] [ 編集 ]
> KAMPOですがVISAも増えたし家族カードも作れるようになりましたね。
なんだと。。。マジですね。。。
[ 2013/01/21 23:40 ] [ 編集 ]
コメントの投稿













管理者にだけ表示を許可する
スポンサ-ズドリンクとプロフィール
サイト名:節約速報
連絡先:setusoku@gmail.com
管理人:ゆとりまん


スポンサーズドリンク
日別アーカイブ
01 | 2020/02 | 03
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29